ページトップへ

御社のHP、スマホ画面に対応していますか?

初めまして、㈱パルテ・ハウスティ代表の千葉と申します。

ご存知の通り、インターネットの爆発的な普及に伴い、一社一店一個人に至るまでが、各々のHPを保持するまでに普及しています。

50歳以下のインターネット利用率は全体の8割を超えるまでになっています。(出典:平成23年総務省発表データより)

もはやHPを持っていない会社やお店は信用されない、それほどになっているといっても過言ではありません。

もはやオンライン上で検索されない会社、お店・モノは口コミなどを含めますと皆無といっていいでしょう。

『一社一店一個人が、各々のHPを保持する

時代が必ず到来する』

GoogleYahooの創業者達を筆頭に、そんな彼らのその読みは正しかったと証明されたわけです。

ただし、

以下の状況は、Appleの創業者スティーブ・ジョブズ以外、誰も予測していませんでした。

それは、、、

スマートフォンの爆発的な普及です。

まずはこちらをご覧ください。(スマホ普及率世代別 総務省HPより引用)

そう、時代は徐々に徐々に家庭からPCやインターネットの固定回線利用者が減少し、スマートフォンだけで用を足す個人ないしは家庭が増えてきているのです。

貴方の周りにも

『スマホは触ったことがあるけれど、

PCは持っていない。』

という若年層の男女はいませんか?

この流れはF1層(20~34歳の女性)・C2層(13~19歳の男女)といったマーケティング用語で区切られる層を筆頭に、40代以下の女性や平成生まれの20代以下の男女間において特に顕著です。

調べ物や買い物といった自分たちの行動や欲求の総てをスマートフォンで完結させてしまうんですね。

先日発売されたiphone6や6plusの大画面化がそのことを暗示しているかと思います。

若年層の慢性的な低賃金・増税傾向という巨大なトレンドにいる中で、スマートフォンの利便性が高まる中、今後益々こういった傾向は顕著になっていくことでしょう。

それはそれでいいのです。

ただ、肝心なことは以下のことです。

御社のHP、スマホ画面に対応していますか?

PC画面で見ると良さそうなHPを保持している法人・個人の中でも、いざスマホで検索するとPC版のみのHPで非常に見づらい、じれったくて見ることを止めた経験はありませんか?

地道な口コミマメな更新・SEO対策の徹底によって、せっかく、せっかく検索上位になるようになって、せっかくターゲットとしている層が御サイトを訪れても、一目見て、見づらい・スマホで操作しづらいという理由で他のHPに行ってしまう、、、このような流れはHPの運営に注力している方であればあるほど悪夢のような出来事だと思います。

御サイトがターゲットと設定している対象者の中で、もしそのような現象が起きているとしたらいかかでしょうか?

弊社は、そんな御サイトをスマートフォンの画面で御覧いただけるようにして頂くサービスを実施しています。

サービスの流れはこちら

ご利用料金はこちら

徹底した固定費の見直しや、サービス対象をスマートフォン画面の一点に絞ることによって、この価格帯が実現しました。

今回弊社が提案している内容は、HPを保持している総ての法人個人がされる必要はありません。

多少不格好であろうとも、とにかくHPがあればいいという方にとってはそこまでされる必要はないからです。

ただし、もし、上述した層をターゲットにしている法人・個人は早急な対応必須だと断言します。

せっかくの御社・御店・貴方の努力を、最後の最後で水泡に帰すのはあまりにも、あまりにも勿体無いです。

どんな些細なことでも結構です。

まずは弊社までお問合せください。

御社のHP、スマホ画面に対応していますか?

初めまして、㈱パルテ・ハウスティ代表の千葉と申します。

ご存知の通り、インターネットの爆発的な普及に伴い、一社一店一個人に至るまでが、各々のHPを保持するまでに普及しています。

50歳以下のインターネット利用率は全体の8割を超えるまでになっています。(出典:平成23年総務省発表データより)

もはやHPを持っていない会社やお店は信用されない、それほどになっているといっても過言ではありません。

もはやオンライン上で検索されない会社、お店・モノは口コミなどを含めますと皆無といっていいでしょう。

『一社一店一個人が、各々のHPを保持する

時代が必ず到来する』

GoogleYahooの創業者達を筆頭に、そんな彼らのその読みは正しかったと証明されたわけです。

ただし、

以下の状況は、Appleの創業者スティーブ・ジョブズ以外、誰も予測していませんでした。

それは、、、

スマートフォンの爆発的な普及です。

まずはこちらをご覧ください。(スマホ普及率世代別 総務省HPより引用)

そう、時代は徐々に徐々に家庭からPCやインターネットの固定回線利用者が減少し、スマートフォンだけで用を足す個人ないしは家庭が増えてきているのです。

貴方の周りにも

『スマホは触ったことがあるけれど、

PCは持っていない。』

という若年層の男女はいませんか?

この流れはF1層(20~34歳の女性)・C2層(13~19歳の男女)といったマーケティング用語で区切られる層を筆頭に、40代以下の女性や平成生まれの20代以下の男女間において特に顕著です。

調べ物や買い物といった自分たちの行動や欲求の総てをスマートフォンで完結させてしまうんですね。

先日発売されたiphone6や6plusの大画面化がそのことを暗示しているかと思います。

若年層の慢性的な低賃金・増税傾向という巨大なトレンドにいる中で、スマートフォンの利便性が高まる中、今後益々こういった傾向は顕著になっていくことでしょう。

それはそれでいいのです。

ただ、肝心なことは以下のことです。

御社のHP、スマホ画面に対応していますか?

PC画面で見ると良さそうなHPを保持している法人・個人の中でも、いざスマホで検索するとPC版のみのHPで非常に見づらい、じれったくて見ることを止めた経験はありませんか?

地道な口コミマメな更新・SEO対策の徹底によって、せっかく、せっかく検索上位になるようになって、せっかくターゲットとしている層が御サイトを訪れても、一目見て、見づらい・スマホで操作しづらいという理由で他のHPに行ってしまう、、、このような流れはHPの運営に注力している方であればあるほど悪夢のような出来事だと思います。

御サイトがターゲットと設定している対象者の中で、もしそのような現象が起きているとしたらいかかでしょうか?

弊社は、そんな御サイトをスマートフォンの画面で御覧いただけるようにして頂くサービスを実施しています。

サービスの流れはこちら

ご利用料金はこちら

徹底した固定費の見直しや、サービス対象をスマートフォン画面の一点に絞ることによって、この価格帯が実現しました。

今回弊社が提案している内容は、HPを保持している総ての法人個人がされる必要はありません。

多少不格好であろうとも、とにかくHPがあればいいという方にとってはそこまでされる必要はないからです。

ただし、もし、上述した層をターゲットにしている法人・個人は早急な対応必須だと断言します。

せっかくの御社・御店・貴方の努力を、最後の最後で水泡に帰すのはあまりにも、あまりにも勿体無いです。

どんな些細なことでも結構です。

まずは弊社までお問合せください。