対象サイトの検索順位を下げて、被害を最小限に!

ネット上での風評被害や誹謗中傷は、ある特定の社名・商品名・サービス名・個人名が検索された際に、その対象となる公式サイト(≒公認サイト)と 同じ表示結果の中に、閲覧された側の意図と反して、閲覧者に対して著しくマイナスイメージを植え付け、経済的損害を被る内容を閲覧者の目に入ったときに起こる現象で、 近年こういった問題が益々深刻化しています。

せっかく自社サイトや商品・サービス名が好意的意味合いで検索されても、そのような根拠の無いネガティブイメージを発するサイトがあれば、どんな公平性のある法人・個人の方でも 慎重に、もしくは、購入意欲・利用意欲自体を無くしてしまうのは自然なことです。

そして一度付いたイメージを払拭するのには、多額の費用ととても長い時間を要します。

そのためにも、もし、自社・自身の検索結果の中で、このような風評被害に当てはまるサイトを見つけた際には、すぐに適切な対策→逆SEO対策を講じる必要があります。

これは自社を守るための当然の措置で、実際に皆様がご存知の多くの企業がそうしております。

弊社では、クライアントに関連したポジティブな内容を持ったサイトの複数制作、または、閲覧者を別のサイトへ誘導することを、他社とは異なる独自の手法により、時間の経過と共にそういった風評被害に 当てはまるサイトをひと目につきにくくして(=表示順位を下げて)、クライアントの被害を最小限に抑えるようにしております。

逆SEO対策のキーワードは、『仕掛けるタイミングの見極め』と『適切な対処法』で、特に専門業者にさえ見落とされがちなのが、逆SEO対策を仕掛ける『タイミングの見極め』 です。

対策サイトの制作内容により、結果的にさらなる集客UPも!!

この逆SEO対策の副次的な効果として、結果的にクライアントにとってポジティブなサイトが増えて(風評被害に該当するサイトを押し下げる ことにより、)、その対象を検索もしくは閲覧した方からの有益な問い合せや購買・サービス利用率が上がるという点が挙げられます。

逆SEO対策を講じるということは、SEO対策を講じることにも繋がるのです。そのため、弊社で制作したHPの運営とは別に、オプションとして、SEO対策のサービスを 付帯されるクライアントも多数いらっしゃいます。

お問い合わせ

お名前 ※必須
法人名
ご連絡先(携帯可) ※必須
E-mailアドレス ※必須
お問い合わせ内容(具体的に) ※必須

タブで整理

新しい受信トレイでは、5 個のオプションのタブ(メイン、ソーシャル、プロモーション、新着、フォーラム)でメールを整理します。これらのカテゴリを使用すると、同じ種類のメールをまとめて読んだり、メールのやり取りを追跡したりすることが簡単になります。

カスタマイズが簡単

必要なタブを自分で選択できます。別のタブに表示したいメールがある場合は、そのメールを目的のタブにドラッグ&ドロップします。

携帯端末でも使える

新しい受信トレイは、Android 4.0 以降の端末や iPhone/iPad の Gmail 公式モバイル アプリでご利用いただけます。メールを開くとメイン タブが表示され、その他のタブにも簡単にアクセスできます。

よりきめ細かくカスタマイズ

スターを付けたメールはメイン タブに表示されるので、見落とす心配がありません。特定のタブでは常に送信者を表示するように選択することもできます。

閉じる