誹謗中傷と風評被害の違い

誹謗中傷とは直接的に誰かの権利を侵害するような行為のことをいいます。
簡単に言えば、「悪口」や「罵(ののし)り」「謗(そし)り」ですね。
そして、実は根拠のあるなしを問わず使われる言葉です。

四文字熟語としてよく耳にしますが、もともとは「誹謗」が根拠あり、「中傷」が根拠なしの意味合いで使われていました。いつからか一括りに使われるようになってしまったようです。

・「誹謗」・・・ある根拠を基にものごとをけなすこと。
・「中傷」・・・根拠もなく勝手にけなすこと。

ですから、誹謗中傷というと現在では根拠のあるなしに関わらず誰かを傷つけ、苦痛を与える行為を示します。
この「根拠のあるなし」という部分がポイントで、匿名性の高いインターネットの上では、言ったもの勝ちになる可能性が高いのです。
一方的に誹謗中傷がネット上にかかれたら、受け手はその事実確認をすることなく真実として受け止めてしまいます。根拠がないデマでも真実にすり替わってしまう場合があるということです。

誹謗中傷が一度ネット上に書かれることで、多くの人がそれを真実として認識してしまいます。
その認識が広く世間に広まってしまい、何らかの被害をこうむっている状態を「風評被害が発生している」といいます。

つまり誹謗中傷は風評被害の種ということになります。
誹謗中傷対策では、風評被害に発展する前の段階で被害を食い止めるために、逆SEOによる対策を行います。

誹謗中傷による被害

誹謗中傷の的となるのは、事象や企業、個人など幅広く、内容はネガティブキャンペーンや人権侵害、論争中のとばっちりなどその重大さにも大小がある。
しかし、一概に言えることは重大さの大小に関係なく何か誰かを傷つけてしまうということ。根拠のない中傷はもとより、根拠があるとはいえ、やたらと誹謗を行うことも賞賛されることではないので控えなくてはいけない。

ネットでの誹謗中傷によって、起こる被害は人の人生を狂わすこともあります。

・企業の売り上げ減少
・減少から立ち直れず倒産
・人権侵害での精神的苦痛

このように実被害が出てしまうことも多く、社会問題としてテレビなどのメディアで言及されることも多々あります。
このページを見ていただいているかたは、既に実害を受けてしまわれているかと思われます。ご心中お察し申し上げます。
これ以上被害や苦痛が大きくならないうちに、逆SEOによって誹謗中傷を行っているサイトの検索順位を下げることをおすすめ致します。

誹謗中傷と法律

ネット上で誹謗中傷されたしまったら、法的に訴えることが可能です。 基本的には名誉毀損罪が適用されることになりますが、それには具体的な事柄を提示したうえで社会的な評価を傷つけられるおそれがあると立証されなくてはなりません。 特定の条件を満たしている場合にのみ法的な措置を取ることができるのです。 自分の名誉を守るために起こした裁判が、かえって自らの立場を危うくするリスクもあります。 めったにないことですが、裁判を起こしたとして要注意人物扱いされてしまいかねません。 企業に置き換えると、裁判沙汰になったことのある企業という穿った視点でみられてしまい、風評被害を回避するための裁判が風評被害を生むという負のスパイラルが発生してしまう可能性があります。 そのためネット上、さらに狭く検索エンジンの検索結果から発生し得る誹謗中傷に関しては逆SEOでの対策が一般的です。 逆SEOではクライアントと施策会社間でのみ情報のやり取りをするので、他の第三者へ対策をしているという事実が漏れることはありません。 被害対策をしていることを大事にしたくないという方はぜひ弊社の逆SEO対策をご利用下さい。

お問い合わせ

お名前 ※必須
法人名
ご連絡先(携帯可) ※必須
E-mailアドレス ※必須
お問い合わせ内容(具体的に) ※必須