個人ブログ

一個人の意見が全体の意見とみなされるというリスク

最近ではFacebookやツイッター・インスタグラムの台頭により、頭打ちのブログ市場ですが、 そうはいっても情報を発信する側にとってはSEOという観点においても有効ということもあり、 有名人・著名人を筆頭に、ブログの存在はとても貴重です。 自身が発信する情報の向こう側を意識せずに、日記感覚で写真や画像や文章を掲載するだけで無料運営できる点が 長所とされています。 有名人・著名人のブログをイメージして頂くと伝わりやすいかと思いますが、そこでの発言がネットニュースや週刊誌に 掲載されることも少なくありません。 それだけ一個人が情報を発信できるようになっています。 ただ、こういったブログサービスは、簡易投稿サービスなど、情報の共有が容易、且つ、頻繁にされる形態が 多くを占めているため、1つの情報が拡大して連鎖していくスピードやスケールは我々の想像の域を超えることも しばしばです。 自身が運営するHPやブログからの広告収入を目的としているアフィリエイターの台頭もその流れをさらに加速させて います。彼らは不特定多数のできるだけ多くのヒトの目に自身のサイトを訪問してもらうことが目的のため、どうしても 記事のタイトルがキャッチーで大げさなモノになりやすく(→必然的に誤解を生みやすくなる)、それと同時に、皆が知りたい旬の情報を一斉に掲載するため、 情報伝達速度が何倍にも増幅してしまうのです。 これは巨大掲示板である2ちゃんねるの過去記事(スレッド)や2ちゃんねるのまとめサイトを検索してみれば一目瞭然です。 もちろん情報には公平性が必要なわけで、良い情報と悪い情報の両方を知る権利がその商品購入者もしくはサービス利用者には あります。 ただ、悪い情報が根拠の全く無い内容だった場合には注意が必要です。 これは害以外の何者でもありません。 商品の根拠なき悪評やブラック企業などと云われてそのまま放置してしまえば、簡単に御社が実直に積み上げてきたブランドイメージを 損ない、売上を容易に落とすことになるでしょう。 そういった結果を招かないためにも、弊社のような専門業者への『逆SEO対策』を依頼することをお勧めします。 根拠なき悪評が書かれたブログを目にしたら、即座に専門業者へ相談することが事態を最も迅速に解決する近道だからです。

施工事例

個人ブログ

最近ではFacebookやツイッター・インスタグラムの台頭により、頭打ちのブログ市場ですが、 そうはいっても情報を発信する側にとってはSEOという観点においても有効ということもあり詳細はこちら

2ちゃんねる

インターネット上には、ネット掲示板といった誰でも匿名で簡単に利用することができるコミュニティーサービスが存在します。 「2ちゃんねる」はそういったサービスの中でその規模詳細はこちら

口コミサイト

匿名の悪意ある書き込みの甚大なる影響 ご自身がお気に入りのレストランやホテルを見つけたときに、そして、利用したサービスや詳細はこちら

メディア報道

テレビや新聞で報道されるニュースがほぼ同時配信でネット上でも記事にされたり、またはネット上で 話題になったニュースがテレビや新聞で取り上げられるなど、最近では詳細はこちら

Facebook

最近ではブログよりも人気のFacebook市場ですが、このサービスはタイムリーにテキストや画像を掲載でき、それを自身の親しい友人知人達と共有できる点が非常に人気です。詳細はこちら

Twitter

最近ではFacebookやブログよりも人気のツイッター市場ですが、このサービスはタイムリーにテキストだけを掲載できる点が非常に人気です。ア 詳細はこちら

お問い合わせ

お名前 ※必須
法人名
ご連絡先(携帯可) ※必須
E-mailアドレス ※必須
お問い合わせ内容(具体的に) ※必須